大航海時代online Eurosサーバで生息するカズネスト・ロペスの冒険日誌です
カズネストの大航海時代日記
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ページトップへ
2008-05-16-Fri  CATEGORY: 未分類

またまたインドからリスボンへと宝石を積んで帰ります。
いつものように宝石商転職クエを受けていきます。
インドに来た時に速攻で工芸と縫製ができるように
しておくためなのです。

2008051501


しかしサファイヤをリスボン王宮まで運びはするものの
インド←→リスボン間の往復は釣り師になって行います。
釣りがR10になっているのを伸ばしたいし保管も
上げたいからなのです。そして冒険経験値も
冒険者だと大きいですからね。

2008051502


途中で名倉達が不満を爆発させそうになったのですが
イルカさんによって癒されていました。噂に聞く
ドルフィン・セラピーってやつですね。

2008051503


また今度のインド往復の釣り師のために「冒険者ギルドの苦境」
をリスボン→アムステルダムで実行して、そしていつものごとく
アムスの商人クエスト「男の意地」をトムソーヤーと二人で
受けました。トムの採集強化のためです。いうまでもなく
採集+1の帽子「ンゴニの帽子」がもらえるからなのです。

2008051505


そして無事にマリンディの街役人にウシ50頭を納品しました。
※注 SSはイメージ画像です。実際にはこれはモガディシオの
街役人です。マリンディで取り忘れてブログのためにとりあえず
モガディシオの画像で誤魔化したのです。

2008051504


そしてアデンで冒険クエスト「宝石の島」を受けました。
どうせ行き先はセイロンで、採集工芸をするのですから
一石二鳥ですね。

2008051506


途中でスエズに立ち寄りました。なぜこんなところに
来ているかというと実はトムソーヤーは紅海とインド洋の
入港許可がでたばかりで港巡りをしているのです。
スエズの広場に、らくださんがまったりしていたので
感動して眺めていたら御者さんが話しかけてきて
「動物愛護運動のためにご寄付をお願いします。」
とのことでした。それでここの街役人さんに60kほど
寄付しておきました。
※注 このエピソードには表現上、若干のフィクションが
含まれております。ご注意下さい。

2008051507


セイロン島の発見は実に簡単でした。それもそのはず
石2つの発見物ですからね。そしてカリカットで報告して
トムソーヤーは銀行員に話しかけて銀行枠を5つ追加
してもらったのでした。

2008051508

ページトップへ  トラックバック0 コメント0
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
TB*URL
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 カズネストの大航海時代日記. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。